Now Loading...

Interview

ビットスター株式会社 前田章博社長インタビュー ビットスターのことを知るために、ビットスター株式会社 前田章博社長にインタビューを行いました。

代表取締役:前田 章博

代表取締役:前田 章博

目次

会社のこと

前田章博社長インタビュー

大きなビジネスチャンスが生まれると思ったのがきっかけです

ーー ビットスター設立の経緯について教えてください。

もともとはシステム開発会社で会社員をしていました。年々、インターネット系のサービスが増え、お客様から依頼のある仕事はWebを利用した業務アプリケーションのお話が多くなってきました。

お話の中で、データセンターの用意、運用保守からシステム開発、デザインまで全てを任せたいという話が非常に増えてきました。そのようにワンストップで全てを提供している会社というのは大手のメーカーしかありません。そのような環境の中、小回りが効く会社でサービス提供を行うことができれば、大きなビジネスチャンスが生まれると思い、ビットスターを設立しました。

ビットスターはデータセンターの用意から運用保守といったクラウドマネジメント、Webシステム開発、Webデザインという3本柱があり、全てをワンストップで提供できることがビットスターの強みです。

ーー ビットスターの社名の由来を教えてください。

前田章博社長インタビュー

「ビット」というのはコンピューターで使用する一番小さな単位です。多くのIT企業がある中で「一番目立つ、ひときわ輝く会社になるぞ」という意味でビットスターという名前にしました。

前田章博社長インタビュー

「ビジネスを加速させ、世界を加速させる」

ーー ビットスターとして大事にしていることを教えてください。

「ビジネスを加速させ、世界を加速させる」を社是にしています。
私たちは法人相手のビジネスが多く、法人のサービスやバックオフィスの業務効率化や、コスト削減、または売上拡大をお手伝いし、お客様の会社の成長に貢献することを目指しています。お客様のビジネスを加速できる環境をいかにご用意できるか。それがビットスターの価値だと思っています。

お客様の会社が成長し、その地域全体が活性化すれば、ゆくゆくは世界中がさらに効率的良くビジネスが展開できるという意味を込め、「ビジネスを加速させ、世界を加速させる」というのを社是にしています。

前田章博社長インタビュー

「お客様の情報システム部を目指す」

ーー ビットスターにはどのようなお客様がいますか。

数名で営業している会社から、東証一部上場企業、テレビ局、広告代理店、旅行代理店などかなり多岐に渡っています。地域でいうと、東京・名古屋・大阪が多いです。そのため、約3割の社員が年に一回以上の出張があります。営業を行う私や、お客様と接するエンジニアが担当します。

ーー ビットスターがお客様に選ばれる理由を教えてください。

「お客様目線に立てるかどうか」という点を強く意識しています。私たちがサービスを提供するというより、まずはお客様が行いたいことの理由をじっくりと聞きます。そのお話から素直に「では、そうしましょう」ではなく「それはこういうことだからこうすべきなんじゃないですか」というように提案することが多くなっています。

お客様からのお話に対して、素直に実行するのではなく、お客様目線に立ち、お客様にとって本当に喜んでいただけることを提案します。その点をよく評価いただけます。

前田章博社長インタビュー

ビットスターはワンストップで全て提供可能という点も評価いただきます。サーバーのオペレーターから、SE、プログラマー、Webディレクター、Webデザイナーまでが社員として会社にいるのはありそうでない組織です。サーバー運用チームとシステム開発チーム、デザインチームがあり、これらの3チーム体制を全て持っている会社は意外なほど少ないのです。

そのように全てをお任せいただけることから、Webサイトにも「お客様の情報システム部を目指す」というキャッチコピーを入れています。

前田章博社長インタビュー

「それならだいたいビットスターでできるよ」とお客様にご紹介いただけることが嬉しいです。

ーー お客様はビットスターに対して、どのようなイメージを持っていますでしょうか。どのようなことを期待されていますか。

「ビットスターに頼めば大丈夫」と思われるような、ITの全てを安心して任せられる会社を目指しています。

ビットスターは積極的に広告宣伝をしている会社ではありません。現在取引しているほとんどのお客様は、もともとのお客様よりご紹介いただいた新しいお客様です。

ビットスターはお客様が満足していただけることに全力を尽くします。その結果として、お客様から「それならだいたいビットスターでできるよ」と新しいお客様を紹介していただけることがあります。

ご紹介していただけるということは、ビットスターの仕事に対して満足していただいた証ともいえます。今後もお客様が満足していただける仕事を行うことを行動指針に持ち、ビットスターとしてのサービスを提供していきたいと思っています。

前田章博社長インタビュー

システム開発だけしておしまいという発想はありません

ーー 創業初期のメンバーはどのように集まったのでしょうか。「創業初期」という始まってまもない会社で働くのはリスクが大きいと思うのですが、集まった方はビットスターのどのようなところに魅力を感じたのでしょうか。

創業初期は元々の仲間を呼びました。噂を聞きつけて飛び込んだ人もいました。ひとそれぞれ集まった動機は違いますが、おそらく事業モデルと将来性を感じたのだと思います。

それぞれのメンバーがそのときに勤めていた会社の事業の限界を感じていたかもしれません。システムを作って終わり、という会社が多かったと思います。

ビットスターはシステム開発だけしておしまいという発想はありません。システムを作ってからメンテナンスを行い、さらに良くしていくことを繰り返します。提案を続けながら、お客様のシステムを良くすることを私たちの基本としています。

お客様のビジネスを本当に良くするためのサービスをワンストップで提供します。この事業モデルに将来性を感じて、いろんな方に集まってもらいました。

ーー 会社を経営していく中でどのような大変だったことがありますでしょうか。それをどのように乗り越えましたでしょうか。

起業したての頃は部活動のノリで、全員で飲みに行き、語り合うことで「想いの共有」ということは可能でした。ただ、社員が6〜10名になると、部活動のようなノリが難しくなり、組織的な活動が必要になってきます。

その頃、経営者である私の目線と、社員の目線がずれつつあることに気づきました。「いかにお互い目線を合わせていくか」という作業は相当時間を要しました。

当時は会社のビジョンが明確になかったので、ひとりひとりの想いが少しずつずれていたことがあったと思います。

このままでは良くないと思ったので、真冬に山小屋を借りて、会社の問題点をひたすら列記する一泊二日で全社会議を行いました。「事業の効率化を図るにはどうしたら良いか」など問題点を長い時間を掛けて話し合いを続けました。その結果、会社のビジョンが出来上がってきました。ビジョンを元に経営者と社員の目線が合い始め、ビットスターとして一致団結して進めるようになれたと思います。

未来のこと

前田章博社長インタビュー

意識しているフレーズは「Think global,Act local」です。

ーー 前田社長の仕事のこだわりについて教えてください。

意識しているフレーズは「Think global,Act local」です。世界の流れを見ながら、その中で自分たちに何ができるかを考え、ローカルでどのように動くかを意識しています。

世界の流れを知るために、仕事でもプライベートでも積極的にさまざまな国に訪問して、その国が今どうなってるかを意識して観察しています。

常にアメリカはチェックしています。日本とアメリカにおけるITサービスの差は昔よりは縮んでいますが、それでも1年から1年半ぐらいのずれがあると思っています。そういった理由から、アメリカについては常にチェックしています。

去年はアメリカにビットスターの子会社を設立しています。情報収集先という点と、私たちのサービス提供地域にできないかという調査目的として設立しました。

他には東南アジアが活性化には目を見張るものがあるので、東南アジアとアメリカは常に見続けるべきものと考えています。

会社としても海外展開に取り組んでいます。海外展開といっても「オフショア開発センターを物価の低いところに出す」ということではなく、「私たちが今、提供しているサービスを国際展開する」ということを考えています。

日本のITは閉鎖的と言われることがありますが、きめ細かなサービスは日本ならではのものだと思っています。高度なITサービスを求められる場面でビットスターはおおいにチャンスがあると思っています。 展開先は新興国にするか、先進国にするかは調査を含めて、準備中です。

前田章博社長インタビュー

2020年に向かって売上高を10億を今、目標としています

ーー 今後のこのようなサービスを行いたいというのはありますでしょうか。

今は、社内で最も熱が高いのはIoT関連です。

ただ、私たちがハードウェアを作るのではなく、その上に載る基盤サービスを考えています。今既存のハードを作っている会社と提携したり、既にIoTの基盤サービスを提供している会社の上に載るサービスを提供したいと考えています。

ーー 今後の国内の展開についてはいかがでしょうか。

国内ではお客様の母数を増やしたいと考えています。今は常に50〜60社の取引はありますが、母数を増やしてさまざまな企業のお役に立てるような会社にしていきたいと思っています。そのためにも今、一緒に働いていただける人が必要です。

ーー 今後の会社経営についてはいかがでしょうか。

20〜30年後もビットスターはビットスターで「誰かが経営して発展できるようになっていればな」と考えています。個人商店経営にはなりたくないと思っています。

2020年に向かって、「売上高を10億」を目標としています。

売上高を10億にするために「今、どういうことをしていかないといけないのか」「どのような仕組みを作らなければいけないのか」というのを考えるのが社長である私の大きな仕事です。

■前田社長自身のこと

前田章博社長インタビュー

8年間会社を続けられたのはメンバーに恵まれていることだと思います

ーー 26歳でビットスターを起業されたということですが、その歳で起業するというのはかなり異例ではなかったのではないでしょうか。不安はありませんでしたか。

周りの尊敬する方々に相談したところ「起業するには若ければ若いほうがいいよ」という話をいただいたので、年齢については気にしませんでした。

ただ、そもそも「起業したい」という意識はなく「会社を作る」というよりは「お客様に喜んでいただけるサービスを提供したい」という思いのほうが強かったと思います。その思いを実現するためには「自分がやるしかない」というように感じたのが起業のきっかけです。

ーー いつからITの分野に携わることになったのでしょうか。学生時代もITの勉強をされていたのでしょうか。

就職してからはずっとITの仕事を行っています。

高校時代は放送部に所属して、オタク一直線でした。実は放送部の中でパソコンを使う機会が多いんです。台本の作成で一太郎やWordを使い、最終的には映像や音声の編集まで行い、その中でパソコンと触れ合う時間が長くなったというのが大きいですね。

ーー ITの事業にはどのような魅力がありますか?

さまざまな業態の経営者にお会いしてますが、ITの世界は凄くスリリングだなと感じます。

およそ20年前、一般家庭にインターネットが普及し、ここ10年間で主役はスマートフォンに変わりました。通信インフラはどんどんと早くなり、その上で「私たちはどんなサービスをお手伝いできるのか」というのが刻々と変わっています。そのようなスピード感は他の業態ではないと思います。

もちろん、他の業界もどんどん進化していると思いますが、IT業界の進化のスピードとは全く違うと思います。そういう意味で私はこの業界にいて感じるのは、怖さであって楽しさですよね。怖さを楽しんでいるということもあると思います。

「新しいものが生まれていく」様子を見ていく楽しさもあり、その波にいつでも乗るチャンスがある場所にいるというのがいいと思います。

「地域に限定されない」というITの特色も好きです。業態によってはその地域でビジネスができなかったりというのは多いですが、今、ビットスターは取引をしている相手だけでいうと博多にある会社とも仕事をしています。

ーー 会社経営されての8年間。嬉しいことも大変なこともあると思うんですが、8年間続けられた理由を聞かせてください

最も大きい理由はメンバーに恵まれていることだと思います。私ひとりだと諦めてしまっていたときもあると思うのですが、辞めずに続けてきたのは今一緒に働いている社員、委託関係の方々、外注さん……皆さんに何とかしていただいているところが大きくて、走りきれているのかなと思います。

家族の理解が大きいことも続けられている強い理由のひとつです。家族の理解があるからこそ、こうして走り続けていることができています。家族にはいつも感謝してます。

■採用について

前田章博社長インタビュー

私たちも札幌に住みながら勝負できるんじゃないかな?と思いました

ーー ビットスターは現在、札幌を本社としています。他にも東京や、大阪、岩見沢にオフィスがあります。札幌から東京に本社を移す会社もありますが、その中で札幌に本社を構え続けているのはどういう理由があるのでしょうか

自分が生まれ育った街というのもありますが、最も強い理由は札幌が1番住みやすい街だからです。私は国内、国外ともさまざまな場所に行きましたが、その中でも札幌は1番環境が良いと思っています。

IT企業は本来、どこにいてもビジネスができるはずです。札幌という住みやすい街に住みながら、クオリティ・オブ・ライフが高い中で良い仕事を行い、その仕事を世界中のお客様に提供できるのが私たちとしての大事なポイントです。

シリコンバレーも住む場所として人気があり、起業が増えたのが源流です。実は起業前にシリコンバレーに何度か行きまして、最初はかなり衝撃的でした。想像より「めちゃくちゃ田舎だな」と思いました(笑)。札幌近辺でいうと、江別や岩見沢ぐらいのように思えました。

少し昔よりはだいぶ大きくなったのですが、以前、高いビルはほとんどありませんでした。「こんな田舎で世界に影響を与えているビジネスをしているんだ」というのが私たちにとって、かなり衝撃的でした。

同時に「私たちも札幌に住みながら勝負できるんじゃないかな?」と思いました。そのような場所に本社を置きながら、全米や全世界を相手にできているのは素直に凄いと思いました。ですので、私たちも札幌できっとできるだろう、と。そう思い、今も札幌本社で世界を目指す挑戦を続けています。

前田章博社長インタビュー

40代50代が20代30代を応援していく社風があります

ーー ビットスターにはどのような社風がありますでしょうか。

常に明るく、風通しの良い会社を目指したいと思っています。昔のコンピューターオタクみたいな会社ではないよ、という点は常に意識をしています。そういう意味でもオフィスは明るくて綺麗、清潔という点は常に意識をしていますね。

前田章博社長インタビュー

年代的にも他のIT企業と違った特徴があります。ビットスターには業務委託のスタッフを含めて、40代50代といった年配の方もいます。そのような年配のスタッフが会社を前進させている20代30代を応援していく社風があります。そのような、年代を越えて応援する環境ができているのは非常にいい会社だと思っています。

40代50代の年配者の経験も活かし、20代30代の若い力で会社を前進させる。それがビットスターの社風になっています。

前田章博社長インタビュー

残業代は全て支給。22時を越えると、管理職が怒られます(笑)

ーー ビットスターに働いている社員の中ではどのような方が活躍していますか

最後までやり遂げようするプロ意識の高い社員や「どうしたらこの問題や課題を解決できるか」と常にポジティブに考えられる社員は活躍します。社内の業務効率を上げる時にも課題は常に意識し、解決する必要があると思っています。

ビットスターは残業代を全て支給しています。ですので、経営者としては労働時間を長くしないように、社員には早く帰ってほしいと考えています。閑散期の時期であれば20時くらいには事務所の電気が消えています。

社員には働く時間を濃い時間にしてほしいと思っています。頑張って働いて、頑張ってプライベートで遊んで欲しいですね。

なるべく8時間で集中して仕事を終らせるというのが、労働基準法で定められているルールです。ビットスターは労働基準法を遵守しています。

IT業界は古くから残業に関して甘い会社が多かったり、徹夜してなんぼみたいなところがあったと思いますが、ビットスターとしてはそういうのは原則認めていません

繁忙期になると、21時ぐらいまで残っている人はいますが、22時を越えると管理職が怒られるというのはありますよ(笑)

22時を越えると翌日に響きますよね。相当緊迫した状況じゃなければ、22時以降の残業というのは原則、認めていません。

運用監視チームである岩見沢に関しては少し変わった働き方をしています。2交代制で24時間を回しています。2交代制は意外に人気がありまして、1日12時間働くので普通の会社より出勤日数が少ないんですよね

ーー 珍しい社内制度はどのようなものがありますでしょうか。

会社の業績が調子の良い年は社員旅行に行くことを目標としています。昨年はタイのバンコクに行きました。

前田章博社長インタビュー

毎月月初の金曜日にオフィスの1階でTGIFという会を開催しています。食事をしながら、社員や外部の方が発表する会です。

内容は全然問いません。Web技術やデザインの話から……先日は「昆布ができるまで」というのを羅臼出身の人が発表しましたよ(笑)

TGIFというのはアメリカで生まれた言葉で「Thank God, It's Friday」の略です。「金曜日、ありがとう!」という意味です。

シリコンバレーに行くと、金曜日は16時くらいから働いていないんです。会社の会議室でピザを頼んで、ビールなどの酒やコーラを飲んだり……。18時頃には帰宅しています

アメリカでは毎週のように行います。私たちとしてはまだそこまではできないので、せめて月に1回開催し、もう少しアカデミックな感じにしようと考え、TGIFを開催しています。

ーー 会社でサークルはありますでしょうか。

会社での制度として、公式サークルというのはないのですが、社員同士での課外活動は活発に行っています。そろそろサークル化をしてもいいかもしれません。

オフィスの1階にはダーツボードがあります。仕事終わりにダーツを行う社員が多く、活発的に活動しています。

前田章博社長インタビュー

社員でスノーボード旅行に行ったり、先日は15人でニセコに一泊二日で行ったりしています。他にはゲームをしたり、カラオケに行ったり、バトミントンを体育館借りて行っています。身体を動かすのが好きな社員が多いですね。

前田章博社長インタビュー

「北海道を代表するIT事業者になりたい」という方に来てほしい

ーー どのような方にビットスターに入っていただきたいでしょうか。

明るくて、新しい技能、技術、トレンドなどに興味が強く、知識獲得欲が旺盛な人がすごく嬉しいです。

今のお客様もこれから出会うお客様も新しいことをしていきます。さらに業務を改善するには新しい技術や知識が必要です。私たちもたえず新しい技術や知識を獲得し続ける必要がありますので、そのようなメンバーと一緒に働けたらな、と思っています。

ーー 前田社長個人としては、どのような方と一緒に仕事をしていきたいでしょうか。

ドラクエでいうところの「ガンガンいこうぜ」タイプが嬉しいですね(笑)

ただ、そのようなメンバーばかりで仕事をすると、必ず大きな穴に落ちてしまいますので……ただ、どうしてもそのようなタイプの人間は好きです。

あとはやっぱり常に明るい人間。落ち込む日もありますが、いかにポジティブに明るく進めるか、というのが大事なことだと思っています。

ーー これからビットスターに応募される方、ビットスターが気になっている方にメッセージをお願いします。

北海道ではこれからも、さまざまなIT企業が生まれ、大きくなっていく会社も出ます。

ビットスターはその中の一員として活躍できる会社を目指しています。「北海道を代表するIT事業者になりたい」「お手伝いを私ならできる」という方に来ていただき、一緒に働きたいなと思っています。

求人情報はこちら

Contact Us

ご不明な点や、気になったことなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Recruit

新卒採用、中途採用、エンジニア採用、
デザイナー採用を行っています。

採用情報