Now Loading...

Interview

ビットスター株式会社 Webクリエーション部 今井 量子インタビュー

ビットスターのことを知るために、ビットスター株式会社 Webクリエーション部 今井 量子にインタビューを行いました。

Webクリエーション部 ディレクター:今井 量子

Webクリエーション部 ディレクター:今井 量子

目次

仕事について

Webクリエーション部 今井 量子インタビュー

色々な仕事と色々な進め方があります

ーー 普段の業務内容について教えてください。

今はサイトの更新がメインの業務です。突発的に発生するサイトのデザインをしたり、コーディングもします。2016年4月からリーダー職として、メンバー2名をみています。Webクリエーション部全体はアルバイトスタッフも含めると10名です。サイトデザイン制作案件にも規模がいろいろあって、特定の大きなプロジェクトを担当するチームと、小さなプロジェクトや突発案件を何件も担当するチームに分かれています。私は後者の方を担当しています。

お客様の規模は様々で、大きな案件の時は部長と同行してサポートに回ることもあれば、実務を担当するディレクターに同行してもらい、引き継ぐこともあります。お客様の期待以上の成果物をお届けするため、時に先導し、調整役もするという感じです。仕事ごとに色々な進め方をしていますね。

ーー 仕事をしていて楽しいのはどんな時ですか?

全体を通して楽しいのですが、自分の好きな仕事をしている時はやっぱり一番楽しいです!私はコーディングが一番好きです。実はITのことで一番先に勉強したのは、デザインではなくコーディングでした。もともと自分で好きでやっていたので、少しアドバンテージがあったんです。難しい作業に取り組む時も、苦しまずに楽しいと思いながら進めていけるのは嬉しいです。

あとは、私は声がもともと大きいのですが(笑)明るく挨拶するように心がけていて、お客様から「明るくて元気がいいね!勢いがあるね」と声をかけていただくので、訪問することでそういう風に感じてもらえることは単純に嬉しいです。暗いよりは明るい方がいいですし(笑)ビットスターは女性が多い会社なので、それも一つの価値であると感じています。

入社について

Webクリエーション部 今井 量子インタビュー

別の形で仕事をしてみたいと思って

ーー 入社前にやっていたことは?

実は私、転職回数が結構多いのです。歯科衛生士の専門学校を卒業してすぐ、歯科衛生士として働いていました。仕事の内容よりも、職場環境や人間関係づくりがうまく進まなかったこともあり、2回ほど病院を移っています。今度は別の形で仕事をしてみたいと思い、思い切って歯科衛生士を辞めました。コールセンターで働いていたときはオペレーターの稼働管理、派遣会社とのやりとり、シフト作成の仕事などにも携わりました。ビットスターの前に働いていた建築デザイン会社では、自社サイト、外部サイトの更新を担当しました。

もともとWEBサイトの勉強を中学生くらいからやっていたんです。「このページはどうやって出来ているんだろう」、と考えていました。当時、姉がPCインストラクターをしていたので、姉から本を借りて読み込んでいました。この業界に就職しなかった理由は、家族の反対も大きかったんです。私が高校生だった2004年頃はIT業界が急激に伸び始めた時期でしたが、今ほどの市場ではなかったので、「先行きが見えない」という理由から就職先は慎重に選びました。

ーー 入社のきっかけは?

アルバイト情報誌で求人情報を見つけて応募しました。それまで同様の仕事の業務経験がなかったので、正社員登用のあるアルバイト採用を探して応募しました。入社後は1〜2ヶ月で正社員になりました。

私がビットスターに入社する前後は、「サーバー屋」というカラーが前面に出ていて今と少し違っていました。サーバーを提供しながら、Webクリエーションを手がけ始めたあたりだったんです。WEBに関わる求人を探していたのですが、中途採用市場では「実務経験3年以上」という求人ばかり。未経験OKと書いてあったので、安心して応募しました。ビットスターでなら、速いスピードで経験を積んでステップアップできるかも知れないと思いました。

社内の雰囲気について

Webクリエーション部 今井 量子インタビュー

お互いに知恵を借り合いながら仕事を作っていける魅力

ーー 社内の雰囲気はどうですか?

社長、役員も含め、社員の距離が近いです。「同じ部署内で質問はできるけれど、この部署の人にはちょっと気を使う」という会社は多いと思うのですが、そういうことはほとんどありません。仕事の連携面にもそれは良い影響を及ぼしています。「このサイトのこの部分をマウスオーバー(カーソルを対象物の上に合わせること)した時に色を変えたいけどやり方がわからない」という時、詳しい人にすぐに質問することもできます。実際に手を動かすのは自分ですが、お互いに知恵を借り合いながら仕事を作っていけるのは魅力ですね。

これはどんな仕事にも言えると思うのですが、自分ひとりで解決しようとすると無理がかかって、余計なタイムロスが発生します。検索するにしてもどの情報が信用できるかという段階から取捨選択する必要があるのでかなり手間がかかります。他部署の詳しい人に聞けば3秒でレスポンスが返ってくることがあるので、とてもありがたいですね。

今後入社される方へ

Webクリエーション部 今井 量子インタビュー

失敗を恐れないで飛び込んでほしい

ーー どんな人と一緒に働きたいですか?

わからないことをわからないままにしない、「質問する勇気がある人」が来てくれたら嬉しいです。新人時代はそのさじ加減が難しいのですが、勇気をもって聞いてほしいですね。先輩社員も、きちんと答えるので物怖じしないで飛び込んでほしいです。仕事の規模感で判断するのでなく、社長の前田の考え方に共感している方だと、伸びしろがあると思います。うちの会社ではなくても、入社するときには「どんな考え方の社長がいるのか」が大事です。面接ではそこも確認するといいですね。そして、是非うちの会社に興味を持ったら応募してください。就職活動がうまくいくよう、応援しています!

ーー 就職活動中の学生へメッセージをおねがいします。

私が言うとすごく説得力があると思うのですが、若いうちから色々失敗しておくことが大事ですね。失敗をしたとしても、大抵命は助かるので(笑)なんでもやってみると良いと思います!学生のうちに色々な会社の社長と仲良くなれたらいいですね。IT業界に入るとしたら、学生さんが入れるイベントや展示会も多いので、顔を出すことですね。

IT業界でも、仕事に意欲的な優秀な人材を求めてしのぎを削っていますから、入りたい会社の人と仲良くなっておくと良いと思います!自分の目で確かめて、いい!と思った会社があれば、その会社の社長や部長に勇気を出して話しかけてみてください。案外気さくに返してくれるかもしれません。ビットスター社長の前田も若いですし、若手の社長が多いはずなので、「友達になる」くらいの気概でコミュニケーションを取ってみるといいですよ。

求人情報はこちら

Contact Us

ご不明な点や、気になったことなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Recruit

新卒採用、中途採用、エンジニア採用、
デザイナー採用を行っています。

採用情報