Now Loading...

Interview

ビットスター株式会社 座談会 水本麻依 佐藤嶺華 高橋ゆうきインタビュー

ビットスターのことを知るために、ビットスター株式会社 水本麻依 佐藤嶺華 高橋ゆうきにインタビューを行いました。

座談会 プログラマー:水本 麻依 プログラマー:佐藤 嶺華 デザイナー:高橋 ゆうき

座談会 プログラマー:水本 麻依 プログラマー:佐藤 嶺華 デザイナー:高橋 ゆうき

目次

就職活動について

座談会 水本麻依 佐藤嶺華 高橋ゆうきインタビュー

最も自分がしたいことができそうな会社がここだった

ーー 就職活動のエピソードを教えてください。

【水本】
「私は高卒ですぐ働きたいと思っていて、業種問わず就職活動を始めました。他にも検討している会社があったのですが、ビットスターに同じ学校の先輩が入社していたのを知って興味を持ちました。学校先生からの情報は大事ですね。」

【高橋】
「私はデザイン系の専門学校に通っていて、就職先としてはデザイン事務所なども検討しました。就職活動が活発な専門学校だったので、いろいろな会社を調べていましたね。学校の先生と、ビットスターの社員が知り合いで、先生から“ビットスターという会社があるよ、いいみたいだよ!”と声をかけてもらったのをきっかけに興味を持ち、応募しました。ビットスターはITメインの会社なので、デザイン事務所などの仕事内容に比べると、入社後のキャリアは未知の世界でした。入社前はぼんやりとした考えしかなかったのですが・・・。ただ単にデザインの仕事をやりたいわけではなかったんです。HTMLも組めないよりは組めた方がいいし、自分でなんでもやりたいタイプだったので、入社したらどんなことができるんだろう?という期待がありました。」

【佐藤】
「私は羅臼町から出て札幌で働きたいと思って札幌の会社を探していました。学校の求人票の中にビットスターを見つけて応募しました。小学校からパソコンが身近だったので、それに関わる仕事をしたいと思っていました。でも、正直に言うと、入社する前にビットスターではどんな仕事ができるのかあまりわかっていませんでした(笑)求人票の中で、最も自分がしたいことができそうな会社がここだったんですよ。羅臼から出て、まずは自分の世界を広げるために札幌での就職にチャレンジして、ダメだったらその時は地元に戻ろう!と考えていました。」

仕事について

座談会 水本麻依 佐藤嶺華 高橋ゆうきインタビュー

苦労を乗り越えて完成した時は爽快です。

ーー 仕事をしていて一番楽しい時はいつ?

【高橋】
「今やっている仕事はすごく楽しいです!昨年は入社1年目だったのですが、割と図々しく仕事させていただいたこともあって、先輩からは私が新卒社員だということを忘れられたことがありました(笑)図々しくやっている方だと思います(笑)」

「仕事の内容としては、社内でも一人一人仕事の担当の範囲は違うんですが、私はかなり幅広くやっています。1日中htmlを書いたりしているわけではなく、お客様のところで、何もないところから打ち合わせをして、デザインをWebに反映させるためのコードに書き換えてまたお客様の元へ持参して、他に必要なものがないか打合せたり・・・この前は全て一通り携わらせていただきました。上司から“高橋の好きなように、思うようにやっていいから!”と言っていただいた案件です。」

「打ち合わせは先輩に同行してもらいながらでしたが、その案件がつい2〜3か月前にリリースになったんです。今もそのページがしっかり使われています。ありがたいな、凄い仕事に関わらせていただいているな、という気持ちになりました。上司からは“とりあえず一通りやってみたら、高橋はやりたいことが見つかるんじゃないか?”って言ってくれて。おかげで流れがつかめました。案件に1から関わる前はお客様へのメールの送り方もわからなかったので、良いきっかけになりましたね。」

【佐藤】
今までできなかったことができるようになった時にやりがいを感じますね。例えば“こういうものが作りたいな〜”と思った時、どういう風にプログラムを書けばいいんだろう?と自分だけじゃ分からなかったことがあったんですが、そういう時は後で対応できるように勉強しておきます。
後日、似たような案件が出た時にスラスラと書くことができて、自分の成長を感じることができたんですよね。そういう時は特に楽しいです!

今ずっと関わっている案件があるのですが、手作業で毎回やっていたことを自動化できたらいいのに〜と思っていたことがあって、それをシステム化できた時によし!!となりましたね。まだこれからもこういうことは多々あると思うので、自ら気づいて改善していきたいですね。」

【水本】
「お客様にサービスを納品して、Webサイトをリリースできた時、達成感、やりきった感を感じます!サイトはリリースしてからが本番。でも正直、それまでは大変なこともあります(笑)
例えば、お客様ごとにこの機能をつけて欲しい、あれも付けたい、と細かくご要望いただくことがあるんですけれど、言うのは簡単でも、裏で動かすのは難儀なこともあって、正直大変だな、辛いな、と思うこともあるんです(笑)細かなご要望に1つずつしっかりと対応していくのは楽なことではありませんが、苦労を乗り越えて完成した時は爽快です。
ビットスターにお任せいただける仕事の範囲はかなり広いので、私個人が支払おうと思って発注できるような桁の額ではありません。そういう大きなプロジェクトが多いぶん、責任感を感じます。そのたびに、内心ドキドキしていますが、任せていただけているというありがたい気持ちを忘れずにいたいですね。」

ーー 仕事はどうやって覚えた?研修はある?

【水本】
仕事自体の研修はなかったよね?(※注)」

【高橋・佐藤】
「そうですね」

【水本】
「本社では、実際の業務の手伝いからやります」
(※注:入社後すぐは、東京で数日間の研修があります。基本のビジネスマナー等を学んだのち、実際の業務サポートからスタートします。)

【佐藤】
「私は水本さんから教えてもらいました。入る前にも少し、こういう本見ておいて、という課題が渡されて、先輩から教えてもらいながら進めていきます。本の中で分からないことがあったら定期的にSkypeなどで通話してレクチャーしてもらっていました。」

【水本】
「そうでしたね、打ち合わせはSkypeで。札幌に住んでいるなら定期的に会社に来てもらうというのもありますが、佐藤は羅臼だったので。」

【佐藤】
「遠隔地だったので・・そういうサポートは助かりました!」

【高橋】
「私はずっと札幌ということもあったので入社前、正社員になる前にバイトしていた期間が数ヶ月あったんです。その期間で慣れていたから、新卒社員だってことを忘れ去られたと思うんですが(笑)
入社する年の前年12月くらいからアルバイトをして、4月に晴れて正社員として加わった、という感じでした。」

【水本】
「私の時は・・7年も前なので記憶が曖昧・・・(笑)そういえば私も入社前にバイトをしていました。学校終わりに制服のままで会社来て、簡単な仕事からということで手伝ってましたね。今思えばその期間があったので業務に慣れることができました」

働く環境について

座談会 水本麻依 佐藤嶺華 高橋ゆうきインタビュー

休む時はきちんと休めます。

ーー 有給はしっかり取れる?

【佐藤】
「そうですね!忙しすぎで手が離せない時以外は好きな時に休めます。」

【水本】
「仕事上に支障が出なければ、今週末とか、明日休みます、というのも可能です。」

【佐藤】
「休みはしっかり取れるので、実家の羅臼にも帰れる時に帰っています!」

ーー 昼休みはきちんと取れる?

【佐藤】
「昼休みは12時から13時と決まっています。休む時はきちんと休みますね。近くにおいしいちゃんぽん屋があって、ラーメンを週2くらいで食べてる気が(笑)駅近くに飲食店が多いので、困りません。」

女性目線での働くことについて

座談会 水本麻依 佐藤嶺華 高橋ゆうきインタビュー

結婚しても充分働ける環境

ーー 結婚はどう考えている?

【高橋】
「結婚しても働きたいですね。最近友達とも話しているんですが、23歳過ぎたらもうそろそろ婚活始めてもいいかなと(笑)」

【水本】
「え、まだ21歳だよね?ちょっとビックリした!(笑)」

【高橋】
「20代のうちに結婚を考えたらそろそろ動き始めてもいいかなと思います。いつそのタイミングくるかわからないですしね。」

ーー 女性目線の「働く環境」について聞かせてください。

【佐藤】
「だいたい、定時で帰れることが多いですね。定時は18時30分です。」

【高橋】
「朝も9時30分出勤で一般的な会社より少し遅めです。地下鉄も比較的空いてから出勤できます。残業した時もしっかり払われます。佐藤も言っていますが定時で帰れるので結婚しても充分働けると思います。

【佐藤】
「さすがに忙しい時期は21時、22時くらいになることもありますけど、上司は“女性陣はあんまり遅くまでは残らないでね”と言ってくれています。」

【水本】
「ずっと前は0時1時までやっていたこともありましたけど、さすがにそれはよっぽどのことがない限りないです。あまり遅い時間だと治安的にも安全面で心配ですし。遅い時間にならないように!という雰囲気は会社全体にありますね。

【高橋】
「私はだいたいすぐ帰っています。」

【水本】
「お客様の決算前の時期、3月などは集中的に忙しい時もありますが、ずっと続いたりはしないです。」

業務外について

座談会 水本麻依 佐藤嶺華 高橋ゆうきインタビュー

かなり自由に時間を使えています。

ーー 業務外の課外活動などは?

【佐藤】
「今年(2016年)の3月に富士スピードウェイでママチャリグランプリに参加しました。ビットスターと他の会社さんの合同で参加することになって。でもそういうのは有志だけで参加するので強制ではないです!私は高校時代バスケ部だったので・・・こういうイベントは、スポーツ好きが集まって参加しています。

【水本】
「いつもチャリで会社来てるもんね(笑)」

【佐藤】
「はい、今日もロードバイクで出勤しました。6月にもウォーキングイベントがあるので参加する予定です。私以外にもイベントが好きな人が多いんですよ。

ーー 仕事外の時間の使い方は?

【水本】
「昨年から一人暮らしを始めたので、かなり自由に時間を使えています。会社近くのスーパーで買い物をして、食事が終わったらゲームをします。アプリゲームにハマっています。」

【佐藤】
「仕事終わりにそのままバスケしに行ったり、ゲームセンターでアクションゲームをしたり・・・家でもゲームしています(笑)」

【高橋】
「私は2人の中間くらいの時間の過ごし方をしてます(笑)ゲームが好きです。あとは一人暮らしを始めたので、毎日できるだけ自炊を頑張っています。最近は和風鮭パスタがすごく美味しくできて、天才かなと思いました(笑)そういう時間も楽しみながら過ごしています。」

ビットスターについて

座談会 水本麻依 佐藤嶺華 高橋ゆうきインタビュー

仕事に対して熱い人が多いです。

ーー ビットスターで働いているのはどんな人?

【高橋】
「これは会社の特徴ですが、女性が多いです。4割くらい。結構IT業界全体だとまだ女性が少ないという話もあるらしいですが・・・」

【佐藤】
「2016年も、正社員の女性が2名増えました。女性がいるとやっぱり賑やかですよね。」

【高橋】
「全体的には、個性的、天然だったり、人として面白い人が多いです。これは表現が難しいのですが・・・仕事に対して熱い人が多いです。

【水本】
自分の意見をはっきり言う人は多いです。限られた時間で一緒に仕事を進めていく必要があるから、問題や疑問はすぐその場で解消した方がいいんですよ。議論が白熱することは多い。自分の意見をその場でバ〜っと言うことも少なくないです。」

【高橋】
「いい意味ですごく活発です!」

【水本】
「後から、こうだったら良かったのに、とか、納得してなかった、とか言うよりも、お互いにその方が絶対に気持ちいいですしね。」

ーー 先輩・後輩の関係性は?

【高橋】
「想像していたような上下関係が全然なくて驚きました。いわゆるドラマで見るような職場の上下関係みたいなものは、感じたことがないですね。ギスギスしたり怖い感じは、全くないです。」

ーー ビットスターの前田社長はどんな人?

【佐藤】
「いつも、遊びにも全力で!と言ってくれますね〜。」

【高橋】
「会社以外のスポーツの集まりなどは社長も一緒に行きますし、社長からもいろいろ誘ってもらいます。

【水本】
「普段、社長は出張で会社を空けることが多いので、直接仕事の話で関わることはあまりないですが、フロアに来て話しかけてくれることがよくありますね!」

【佐藤】
「逆にこちらから突然仕事の話をしても、すぐ答えてくれます。」

今後について

座談会 水本麻依 佐藤嶺華 高橋ゆうきインタビュー

新しいことにもチャレンジしていきたい。

ーー これから仕事で実現してみたいことは?

【高橋】
「デザインチームにも色々な個性を持っている方がいて、チームで作る仕事に力添えができれば嬉しいです。プログラムの知識が豊富な方、検索関係の知識が豊富な方と、いろいろいらっしゃるので、デザインチーム単体でもできることがいろいろあります。私も知識をつけながら、広告、チラシなど、デザインチームだけで完結できる仕事もやりたいという声がチームの上司から出ていて、私もそれに賛同しているので、何か力添え出来ればと思います。ビットスターで自社商品が開発できた時には、その商品の販売ツール、ビジュアル面でもいろいろとやってみることができればと思います!

Webだけでなく広くデザインできるようにして、ビットスターの会社の中だけで完結できる仕事の幅を増やしたいですね。デザインだけの仕事をしていたら思いつかなかったことだと思うのですが、偏った知識だけでなくマルチに知識をつけながらデザインできるのがこの会社に入って良かったと思うところです。デザインチームは社内の他の部署に比べると人員が少なめなので、新しい人にもどんどん来て欲しいです。

【水本】
「入社から一貫して同じことをしてきてはいるんですが、それも続けながら新しいことにもチャレンジしていきたいですね。そのタイミングを楽しみにしています。」

【佐藤】
「新しく運用管理部に配属になって、その仕事が本格的に動くのはこれからなのでなんとも言えませんが、今やっているサービス開発部の仕事の引き継ぎをしっかりやりきってから、また成長していけるように努力したいですね。社内でもわからないことを先輩にどんどん尋ねられる雰囲気はあるので、これからもそうしていきます。」

ーー みなさん、回答ありがとうございました。

【水本・佐藤・高橋】
「ありがとうございました!」

求人情報はこちら

Contact Us

ご不明な点や、気になったことなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Recruit

新卒採用、中途採用、エンジニア採用、
デザイナー採用を行っています。

採用情報