Now Loading...

Interview

ビットスター株式会社 座談会 林 大貴 川村 光輝 岡山 慎之介インタビュー

ビットスターのことを知るために、ビットスター株式会社 林 大貴 川村 光輝 岡山 慎之介にインタビューを行いました。

座談会 システムエンジニア:林 大貴 ディレクター:川村 光輝 デザイナー:岡山 慎之介

座談会 システムエンジニア:林 大貴 ディレクター:川村 光輝 デザイナー:岡山 慎之介

目次

ビットスターの新卒社員はどうしてビットスターを選び、どのように働いているのでしょうか?
新卒社員の林大貴、川村光輝、岡山慎之介にインタビューを行いました。

ビットスターに入社した経緯

座談会 林 大貴 川村 光輝 岡山 慎之介インタビュー

ビットスターに運命を感じました

ーー 札幌にはさまざまなITの会社がある中でビットスターを選んだ経緯について、聞かせてください。

岡山 慎之介専門学校でWebデザインを学んでいたのですが、卒業後、求人情報誌で就職先を探していると、目に入ったのがビットスターの求人でした。

ビットスターが募集していたのは岩見沢事務所でのWebデザイナーだったのですが、僕の実家が岩見沢にあり、募集職種が学校で学んでいた職種という偶然からビットスターに運命を感じました(笑)。これはもう飛び込むしかないと思い、すぐに応募してアルバイトとして入社。およそ1年後、正社員になりました。

川村 光輝私が高校生の頃、社会では当たり前にパソコンを使い、日本でもスマートフォンが流行っていました。同級生が次第にスマートフォンを持つようになっていく高校生活を送る中で、スマートフォンやパソコンに触れる仕事に就きたいと考えていました。

私はそもそも進学は考えず、工業高校を卒業した後、そのまま就職を考えていまして。ちょうどその時、高校に届いていたビットスターの求人票を目にして、私も岡山さんと同じく、岩見沢の事務所に就職しました。私は札幌に住んでいるのですが、岩見沢はJRで通える圏内でした。

岩見沢には私の親戚が住んでおり、その縁も感じ、岩見沢のビットスターで働くことを決心しました。

林 大貴私も川村さんと同じ工業高校を出ています。ただ、学年が3年違う入れ違いなので、直接交流はないんですよね。

私の場合は、高校を卒業して進学か就職か、というのはどちらでもよくて、将来的にIT系の会社で働いてみたいと思っていました。卒業が近づいた頃、たまたまビットスターの求人を見かけました。

それからビットスターについて、いろいろ調べたり、会社を見学して話を聞いてるうちに、会社の雰囲気が明るくて、楽しそうな会社だと思うようになり、ビットスターに入社しました。

ーー 最近は「ブラック企業」という言葉がニュースでも取り上げられており、会社で働くことに対して、悪いイメージを持っている方も一部いるかと思います。中でもIT業界は大変なイメージがありますが、林さんはいかがでしょうか。

林 大貴やはりIT業界は大変という評判は聞いていまして、実際、周りにいろいろ言われたり、正直なところ気にもしていました。でも、私はIT業界で働きたいと思っていたので、ある程度覚悟はしていました。ところが実際に入ってみると、周りを見ても「意外とそうでもないぞ」と気づき、入社当時は驚きましたね。

ーー 相当な覚悟をして、きつそうだなと思っていたけれど、入社してみたらそうでもなくて拍子抜けしたという感じでしょうか。

林 大貴そうですね。まだ1年目ということもありますが、残業は全然ありませんでした。

一日の流れ

座談会 林 大貴 川村 光輝 岡山 慎之介インタビュー

去年は2時間くらいの残業が年に数回あった程度です

ーー それでは残業の話も出てきましたので、ここで働く時間についてお聞きしたいと思います。ビットスター全体の流れについて教えてください。

川村 光輝仕事のスタートが9時半なので、9時半までに出勤し、残業がなければ18時半に退勤ですね。

岡山 慎之介お昼休みは全社員共通で12時から13時までです。

ーー 皆さんの一日の流れについて教えてください。

林 大貴7時半くらいに起きます。9時前には家を出て、業務開始の9時半に間に合うようにいきます。ごろごろしながら、テレビを見ながら準備できるので、朝はけっこうゆっくりできますね。

私はWebサイト制作の業務を行っています。HTMLとCSS、JavaScriptだけではなく、効率化のためにPHPも使って、サイトを制作する業務です。基本的にはその業務が一日続きます。

業務が終わるのが18時半で、そのあとは19時半くらいに家に着いたあとは、ゲームをやったり自分の趣味に時間を費やす生活ですね。

川村 光輝私は朝8時前に起きて、家を出るのが8時半くらい。会社に到着するのが9時20分ぐらい、9時半から始業です。

今は主にWordPressの機能改善をPHPで行う仕事をしています。一日中、その仕事をしていることが多いですね。

仕事は18時半くらいに終わっていることが多いですね。家に着く前にJRと地下鉄を使うので、その間で寄り道ができます。最近はウォーキングをするため、早く家に帰っています。かなり自分の時間がたっぷりあります。

岡山 慎之介僕は9時出勤の18時退勤で、他の方とは少し違ったスケジュールです。基本的には9時半出社なのですが、僕だけ30分早く出勤して、30分早く退勤します。

出社時間は入社時に相談ができるのですが、僕の入社の時は「9時出社でいいですか?」と聞かれ、いいですと答えて。それがずっと続いています。社員が1人でも30分早く会社にいれば、他のスタッフがいないタイミングで電話応対ができたりしますので、そういう面もあり30分早く入っています。

僕の場合、社内の仕事が多いので、決まった業務スケジュールはないんですよね。そのときに受け持っている案件の中で動く必要がある仕事を行います。18時に仕事が終わってほとんど寄り道をせず真っすぐ家に帰ります。

ーー 残業はありますか?

川村 光輝時にはあります。忙しい時期はそれなりに残業がありますが、忙しくない時期は、基本的に定時で帰ります。

ーー 忙しい時期というのは決まっていますか?

川村 光輝年末や年度末ですね。

ーー 具体的にはどれくらい残業がありますか?

川村 光輝忙しくて残業が多いときは毎日1時間、2時間がこつこつあります。少し忙しいくらいであれば、毎日30分程度だったり、多くて1時間。毎日たっぷり夜遅くまで残業するのは、ほとんどないですね。

岡山 慎之介僕の仕事は社内の案件が多く、融通が利きますので、あまり残業をする機会がないんですよね。たまに急ぐ案件があったり、社内イベントの準備で残業はありますが、2時間も残っていることは滅多にないですね。

林 大貴まだ1年目ということもあってだと思いますが、私もほとんど残業がないです。去年は2時間くらいの残業が年に数回あった程度です。

仕事の覚え方

座談会 林 大貴 川村 光輝 岡山 慎之介インタビュー

成果物におけるクオリティの明確な差を大きく感じました

ーー どのように仕事を覚えましたか?

岡山 慎之介1、2日のマナー研修はありましたが、業務内容そのものの研修はなく、仕事は現場で覚えました。

僕の主な仕事はWebデザイン制作ですが、上司から「このWebサイトのデザインを作ってみてください」と言われ、なんとか自力で作って上司に提出して「ここを直してください」と言われ、また直して提出して……というフィードバックを繰り返して、少しずつ仕事を覚えました。

ーー 岡山さんは専門学校でもWebデザインを勉強されましたが、学校と仕事では何か差を感じましたか?

岡山 慎之介学校では制作物が商品として出すクオリティになっていなくて「駄目だね」と言われても、なんだかんだでそのまま通してしまってOKだったりしたところがあります。しかし、仕事ではそうはいかず、しっかりと直す必要があります。学業と仕事では、成果物におけるクオリティの明確な差を大きく感じました。

期日や納期の考え方の差も強く感じました。学生の頃の締め切りは先生が「いつまでに提出しなさい」と期日を指定します。ですが仕事では「いつまでにできますか?」と締め切りを聞かれる側になったんですよね。ですので、自分の能力ではこの仕事はどのくらいの時間で終わらせられるだろうか、というように期日を強く意識するようになりましたね。

川村 光輝マナー研修は私もありました。入社前は本を見ながら、HTMLとCSSの勉強を行いました。高校は情報技術の学科ではありましたが、プログラムの勉強はほとんどなくて、ハード系を勉強していたんです。プログラムに関してはゼロからのスタートだったので、覚えることがたくさんありました。わからないところは先輩とチャットサービスを通じて直接確認ができたので、その点はとても助かりました。入社後は夏まで勉強が続きました。

林 大貴私も川村さんと同じ高校で、同じようにハード系の勉強をしていたので、学校ではプログラムの勉強はしていませんでした。ただ、興味はあったので、学生時代から趣味でHTMLとCSSの勉強はしていました。入社後も独学で勉強は続けています。

入社前は何度か会社に行ったり、チャットサービスで業務に必要な知識を教えていただけたので、入社してから、全くわからない状態になることはなかったですね。入社後はまずPHPの勉強をしました。

ーー 岡山さんの入社時期(2012年)には同期はいましたか?

岡山 慎之介僕の入社時期に同期はいませんでした。職種は違いますが、半年後くらいに僕と同じようにアルバイトで入ってきた方はいます。その方は歳がわりと近めなので、感覚的には同期のような感じではあります。

ーー 川村さんの入社時期(2013年)に同期はいましたか?

川村 光輝私を含めて2人いました。しかも同じ高卒という境遇の同期だったので、ライバル心を持ちながら必死に仕事を覚えることができました(笑)。

ーー 同期がいると刺激になりますよね。最も入社が新しい(2016年)林さんに同期の方はいましたか?

林 大貴自分も含めて同期は3人でした。

職場の雰囲気

座談会 林 大貴 川村 光輝 岡山 慎之介インタビュー

「職場自体はとても明るいです」「わからないことを聞きに行ってもイヤな顔いっさいせずに相談に乗ってくれます」

ーー ビットスターの職場の雰囲気はいかがでしょうか。

林 大貴職場自体はとても明るいです。わからないことも声をかけやすく、良い意味でみんな自由な感じがありますね。

川村 光輝私も明るいと常に思っています。別部署にわからないことを聞きに行ってもイヤな顔をいっさいせずに相談に乗ってくれます。話しかけやすいというのはとてもありがたいですね。

岡山 慎之介堅苦しくない空気です。でも、いかにも和気あいあいしているノリを押し付けるわけでもないんですよね。自然に柔らかい温かさがあります。飲み会などでは2次会に強制して行かせるような空気もないですし、そもそも飲み会自体に「お前も来いよ」みたいなノリもありません。

ーー 社歴が長い岡山さんにお聞きしますが、このような「明るい」「話しかけやすい」という雰囲気は元々ありましたか?

岡山 慎之介僕が入社したときから堅苦しくない空気はありました。ただ、思い返してみると、入社当時より今のほうが明るくて、わいわいしている気がします。

以前よりも他の社員に対して、関心を持ち、助け合う空気が強くなっていると感じます。どこかのタイミングでがらっと変わっているわけではなくて、徐々に移行していると思います。多様なことができる人が増えてきているからかもしれないですね。

仕事が楽しいとき

座談会 林 大貴 川村 光輝 岡山 慎之介インタビュー

自分の手で作り、それがちゃんと動いたときは楽しい

ーー 仕事をしていて楽しい瞬間について教えてください。

林 大貴自分が作っているものが目に見えるようになってきた時に「これいいな」と感じますね。Webサイトができていく瞬間も楽しいですが、裏で動いているものであっても、期待していた結果が出てきた時は「出てきた。出てきた」と思い、嬉しいですね。

川村 光輝「こうしたい」「こういうのがほしい」という自分の頭の中にあったものを、自分の手で作り、それがちゃんと動いたときは楽しい。とてもやりがいを感じます。

自分のことではなくても、上司や他の人の依頼から始まる「これがこうできればいいな」という漠然なアイデアからスタートして、「もっとこうもできるんじゃないかな」とアイデアを発展させて、無事に完成した時は楽しいと思いますね。

岡山 慎之介僕の業務はWebサイトのデザインを作るのがメインで、中でも自分で見て「これは良くできたな」と感じるデザインができた時は自画自賛してしまいます(笑)。会心の出来と思えるデザインを作れたタイミングが一番楽しいですね。

入社して良かったこと

座談会 林 大貴 川村 光輝 岡山 慎之介インタビュー

札幌に明るい職場があり、働けているのはすごく幸せだなと思いますね

ーー ビットスターに入社して良かったことを教えてください。

岡山 慎之介札幌で働けているのが良かったですね。僕は札幌の専門学校に通っていて、そのまま札幌で働くことを想像していました。卒業して求人情報誌を眺めていたら、岩見沢にあるビットスターの求人を見つけたのですが、その時「実家から通えるんだったら楽でいいな」と思い、岩見沢に勤めることになりました。

僕が入社して、3年目くらいにビットスターは札幌に移転しはじめたのですが、そのとき実家から離れて札幌に住むようになりました。親元から離れるという意味でも、札幌に出たのは大きな転機だったのかなと思います。

仕事としてのデザインができたのも良かったと感じます。クオリティに妥協しないことで、学生の頃には見えなかったものが見えるようになり、デザインの腕を磨けたと思います。

川村 光輝入社して良かったと感じる点は、わからないことをなんでも聞ける明るい職場だということです。

自分の力だけではどうしてもわからないことがあります。調べるよりも実際に聞いて「ここをこうすればいいんだよ」という指導をもらった方が、自分としてはとても助かります。

私も岡山さんと同じで、札幌にこういう明るい職場があり、働けているのはすごく幸せだなと思いますね。

林 大貴自分1人で勉強しても全然わからない部分も多いので、周りから吸収でき、いろいろ学べる環境があるという点がビットスターで働いて良かったことだと思います。

高卒で就職すること

座談会 林 大貴 川村 光輝 岡山 慎之介インタビュー

働きながらも、自分の時間がちゃんとあります

ーー 川村さんと林さんは高校卒業後に入社されたようですけれど。最近は高卒で就職する方のほうが少ないと思われますが、いかがでしょうか。

川村 光輝私は工業高校に通っていたので、卒業後は就職を選択する学生が多く、特に気になりませんでした。就職は東京や愛知などの道外に行く学生が多いんですよ。工業高校なので部品を製造するメーカーですね。なので札幌市内のIT企業に就職するのは珍しいんです。

林 大貴そもそもIT企業の求人が少ないですしね。

川村 光輝学校に来る求人票を見ていても、電気系や、部品の製造ラインなどの求人が多い中で、IT企業があるのが珍しく。しかも北海道内にあるというのが奇跡みたいに感じました(笑)。

ーー 「高校卒業して就職」という選択肢は大学に行くのと比べて、遊ぶ時間が少ない、というイメージがあるかと思います。大学に行く同級生をうらやましく思う気持ちはありませんでしたか?

川村 光輝ないですね。お金をいただいて、今も十分、自由にやりたいことができています。働きながらも、自分の時間がちゃんとあります。大学に行った同級生よりも早く社会に飛び込めているのはメリットが大きいですね。

ーー 一般的には会社に入ったほうが自由がなくなり「好きなことができないのが社会人だよ」というイメージがあります。今回のお話を伺って、一般的なイメージと逆なことに驚きました。

川村 光輝やりたいことと同じ職業に就けているので、「やりたいことができない」というのはないですね。

林 大貴私は大学に進学した友達からは「自由にやれていていいね」とよく言われます。そう見えているぐらい自由にやれていて、働けているのは嬉しくて、ありがたいことです。

社内で尊敬している人

座談会 林 大貴 川村 光輝 岡山 慎之介インタビュー

「高い技術を持ち、教え方が上手なところを尊敬」「違った視点で答えを返してくれる開発の方を尊敬」「上手く説明してくれる3名の部長を尊敬」

ーー 社内で尊敬している人について教えてください。

林 大貴部署の部長やリーダーです。皆さん、高い技術を持ち、教え方が上手なところを尊敬しています。

川村 光輝質問すると、自分とは違った視点で答えを返してくれるシステム開発担当の方を尊敬しています。自分1人ではまったく気付かない部分や違った視点で「ここをこうしてみるともっとこうなるよ」という回答が自分の身になります。私も他の方に違った視点で物事を伝えられる人になりたいと思います。

岡山 慎之介僕は社内案件が多いので、さまざまな部署と横断的に関わります。ビットスターには大きく3つの部署と3名の部長がいるのですが、部長に「●●の案件の◯◯はどういうものなんですか?」という相談をよくします。相談をするたびに、3名の部長に上手く説明してもらえるという体験がよくあります。

仕事に対してのモヤモヤが多いと仕事に集中できないものですが、3名の部長に相談する度に納得感に包まれて、自分の席に戻って気持ち良く仕事ができます。自分のする仕事に対して、上手く説明してくれる3名の部長を尊敬しています。

好きな社内イベント

座談会 林 大貴 川村 光輝 岡山 慎之介インタビュー

一番驚いたのは家族連れの参加があったことです

ーー 好きな社内イベントはありますか?

川村 光輝年に一度の社員旅行は楽しいですね。自分から行こうとは思っていない、いろんな場所に行けます。悪い言い方をすると連れて行かれるのですが(笑)。そういうところでしか見られないものがあったり、多くの新鮮な経験ができるので、いろんなところに行けるのは楽しいですね。

私にとって初めての国外が社員旅行でした。私の中では、社員旅行は温泉というイメージが強かったのですが、まさか社員旅行でタイに行くとは思っていませんでした。言葉が通じない場所に行くのは初めてだったので、どうしたものかという状態でした。

ーー 林さんは今回初めて社員旅行に参加されましたが、どういう印象でしょうか。

林 大貴一番驚いたのは家族連れの参加があったことです。社員のみ参加するものだと思っていました。

今後の目標・未来の後輩へのメッセージ

座談会 林 大貴 川村 光輝 岡山 慎之介インタビュー

「新しいもの好きな人」「ポジティブな人」「やる気のある人」

ーー 今後の目標について聞かせてください。

林 大貴今はまだ社内にあるツールを活用して仕事をしている段階ですが、これからは自分でツールを改良していきたいと思います。社内の他の方が利用できる便利なツールを作れたら、仕事がしやすくなったり、よりよいサイト作りができると思います。そのような新しい何かを「作る」ということをしたいですね。

川村 光輝今続けている業務をこれからも継続していき、「もっとこんなことができないかな」というのを実現できるように、自分の知識も高めつつ、技術を学んで、もっと自分1人でもいろんなことができるようになれればいいなと思います。

私が尊敬している開発の方のように、私が他の方に上手く伝えられるようになればいいなと思っています。

岡山 慎之介ビットスター内で、デザインするのが楽しいと思ってくれる人をもっと増やしいたいと思っています。

ーー 未来の後輩に向けて、メッセージをお願いします。

林 大貴「難しい」「できないんじゃないか」と思うかもしれないですが、ビットスターの人は優しいですし、聞いたことは丁寧に教えてくれますので、「とりあえず、やってみよう」という気持ちを増やしてほしいと思います。

川村 光輝「こういうのがやってみたい」という想いを、ビットスターであれば、自分の力だけじゃなくて、他の人に意見を仰いで一緒に作り上げることができるかもしれません。一緒に頑張ってみませんか?

ーー どういう方に仲間入りしてほしいですか?

川村 光輝新しいもの好きな人ですね。

林 大貴なんでもやりたがるというか、ポジティブな人です。

岡山 慎之介やる気のある人ですね。入社前に事前の知識や技術があるには越したことはないですが、知識を持っていなくても、入社してから、やる気さえあれば絶対に覚えられると思っています。

知識はなくても、やる気が原動力になっている「先輩の仕事を奪ってやるぞ」ぐらいの気概を持った後輩が入ってくれれば最高楽しく一緒に仕事をやれると思います。

ーー 以上となります。岡山さん、川村さん、林さん、ありがとうございました!

林 大貴川村 光輝岡山 慎之介ありがとうございました!

求人情報はこちら

Contact Us

ご不明な点や、気になったことなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Recruit

新卒採用、中途採用、エンジニア採用、
デザイナー採用を行っています。

採用情報