Now Loading...

スタッフブログ

戻る

当社ブログは社員での持ち回りで掲載しております。
ビジネスだけではなく、社内イベント、プライベートなことを書いておりますので予めご承知おきください。

ロボとの遭遇

今回ブログ担当2回目のI.Sです。

僕は地元が道外ということもあって、連休をいただけた時にはちょくちょく帰省しています。この前のお盆期間も帰省してきたのですが、その時意外な出会いがありましたので、それを書かせてもらいます。

僕は地元に帰るときはいつもフェリーを使っています。

  • 札幌(21:00) → 苫小牧(22:51) 高速バス
  • 苫小牧(23:59) → 八戸(7:30) フェリー

といった感じで、船で寝てると朝には本州ですね。
八戸からは両親や、弟に車出してもらっていますが(笑)

これで札幌から青森県の八戸まで片道5,000円~6,000円で行けます。

安い!

本州へ行く機会がある方は、時間に余裕があるなら船もお勧めですよー。

それに最近この航路のフェリーは「シルバーエイト」という新しい船が就航してまして、これがなかなか快適なのです。

ship

room

参照:シルバーフェリー/船舶紹介/シルバーエイト

この船の場合、いちばん安い2等席でも俗にいう雑魚寝ではなく、座席指定で、座席ごとにロッカー、マットレスが設置されています。

写真では取り外されていますが、その座席毎に仕切りも設置されます。

このおかげで
寝てる最中に隣のおじさんに抱き付かれていたなんてことが起こらないわけですね!
(雑魚寝の船を利用して、僕は一度抱き付かれていたことがあります。)

苫小牧フェリーターミナルに彼はいた。

さて、そんなわけで苫小牧フェリーターミナルに到着し、乗船手続きをしていたわけですが、そこで謎の人だかりを発見しました。

何かと思って見に行ってみると、、、

DSC_0006
「コンニチワ。I.Sサン。Pepperデス。」

なん、、、だと、、、、Pepper、、、完成していたの、、、。

調べたら2015年には発売されていたみたいですね。
どこかでこんなロボットが開発中というのは見たことがあったんですが、実働しているのを見たのは初めてでした。
一生懸命フェリーの乗船方法などを説明してくれていました。

せっかくなので説明を聞きに近寄ってみることに。
すると・・・

1471173817612
目をそらされました。

いやいや、、、ちょっと待ってくださいよ。
初対面でそんなに嫌わなくても・・・
ということでもう少し近づいてみると・・・

DSC_0004
ごめんなさいされました。

残念ながらどうやら僕はPepperには嫌われてしまったようです。

そんな出会いもありつつ、帰省してまいりました。
こういうロボットを活用するサービスってやっぱりこれからどんどん増えてくるんでしょうかね。ちょっと楽しみです。

蛇足

「Pepper」について調べてみたら検索に出てきた商品。
本当にこんなの売ってるんですね。。。さすがアマゾン。
クラタス スターターキット

I.S

その他の記事

記事一覧

BitStar流

Contact Us

ご不明な点や、気になったことなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Recruit

新卒採用、中途採用、エンジニア採用、
デザイナー採用を行っています。

採用情報