Now Loading...

ITで、
こまったを、
よかったに。

私たちはMSP・Web制作・システム開発を、
直営でご提案・ご提供することにより、
大企業の一部門や中小企業の、
事業課題の解決に努めています。

私たちのサービス

About Us

現代は企業に限らず個人レベルにおいても様々な情報を管理し運用する世の中です。その背景には膨大な規模の情報システムとインフラが構築されており、それらは休む時間はありません。しかし、増え続けるシステムとインフラに対して、その運用を支える「情報システム担当者」が増えているという話は聞こえてきません。 また中小企業においては専任の情報システム担当者を据えることさえも難しく、他の業務と兼任しているケースがほとんどです。 当社では、そんなお客様の代わりに専任の「情報システム部」として、お客様の社内リソースを追加・占有することなく、システムやインフラの構築及び運用を行って、お客様のさらなるビジネスの発展に貢献できるようお手伝いさせていただきます。

ビットスターについて

小会議室での打ち合わせ風景写真 オフィスでの打ち合わせ風景写真 オフィスでの作業風景写真 大会議室での打ち合わせ風景写真
bitstar流

ありのままのbitstarの社風

アットホームな雰囲気を特徴とするbitstar。
なかでも特徴的な社風の数々を様々な観点から捉え紹介します。

bitstar流を見る

bitstar流

Interview

弊社に所属する数々の社員から一部の声を紹介

  • プロジェクトマネージャー・セールスエンジニア:能代 光人
  • インフラエンジニア:畠 沙公子
  • デザイナー:千葉 ひとみ
  • システムエンジニア:伊藤 蓮・内田 真央

社員の声を見る

Recommend

ビットスターが応援しているコンテンツ

Staff Blog

ビットスターのスタッフの日常や、 制作・開発情報などを掲載しております。
  • 日光はいいぞ

    時は令和、元年9月19日。 数週間前に6泊7日の破天荒旅を敢行したmao氏であったが、 間髪入れず、予定していた日光への旅も躊躇なく敢行していく。 華厳の滝・日光東照宮・鬼怒川と、観光名所ひしめく日光の地をこの足で踏みしめるべく、 高山の時の相方1名とともに陣を進めるのであった。

    浅草に立ち寄った人

    札幌から鬼怒川温泉! っていうと、おそらくルートは1つになるかなと。 札幌→新千歳空港→→→羽田空港→(京急線・都営地下鉄浅草線)→浅草→(東武伊勢崎線/日光線、或いは都内からバス)→鬼怒川温泉 新幹線が通っていれば宇都宮や上野まで出て、ということもできなくはないと思うけど、 基本的にこれ以外のルートはなかなかチャレンジャーのように思える。 改めてルートを見返したとき、 そこで見えてくるのは、一つの一大観光地。 そう、 「浅草」 なのだ! そんなわけで浅草で降り、 まずは雷門を見物。 やっぱこれを見ないと浅草に来た気がしませんねぇ!(写真は一部加工していますあしからず) 仲見世通りもこの当時はまだまだいっぱい観光客がいて海外の人もいっぱい。 混雑は嫌いですが、 観光地はある程度混んでいないとどうしてか画にならないですね。 もんじゃも頂戴します。 いやこの写真はもんじゃじゃなかった、お好み焼きです。へたくそなのはご愛敬。 だいじょうぶ、もんじゃも食べましたよ。 東武鉄道の特急スペーシアを用いて浅草を離れます。 相変わらずおもしろい顔面ですね。 ものの2、3時間しかいませんでしたが本題は浅草ではないのでまあこの程度でしょう。

    鬼怒川温泉に到着した人

    列車は埼玉と栃木を我が物顔で北上。 春日部駅を過ぎると少しずつ田畑が目に入り、 栗橋駅を過ぎて東武日光線に入ると こんな感じで景色はすっかり田舎のそれに様変わり。 下今市駅を過ぎると渓谷の間を縫うように進み、 約2時間程度で鬼怒川温泉駅に到着です! スーツケースを持ったままうろうろするのは 私も他人もあまり喜ばしいことではないのでさっさとお宿に向かい、スーツケースを預けますが、 あっもうっちょっとっ、見てくださいよこのお部屋!!! 和風なお部屋は私の心にしっかりぶっ刺さるのですが、 おまけに窓辺からは鬼怒川を見下ろすことができるわけですね! そのニーズに対応するようにしっかり窓辺に椅子が配置されているのが完璧、いずべすと、ぱーふぇくと(?) この写真はお宿近くから撮った鬼怒川ですが、 イメージとしてはこんなかんじ。朝寝起きでこんなものを見たら眠気なんてさよならですね。 とはいえ、 宿でのんびりしているのもいいけど、 やっぱり街に出ないとちょっと勿体ないので街を散策。 お宿から少し歩いて吊橋を渡り、「楯岩展望台」から鬼怒川温泉街を見渡すと、 うーーーん、 空気がうまいっ!

    日光を堪能する人 ~華厳の滝~

    鬼怒川温泉から日光の各観光地へ向かうには、 ①鬼怒川温泉駅から東武日光駅へ ②東武日光駅からバスでいろは坂を越える というルートがおそらく一般的。 いろは坂は20~30分くらい急な坂道を登り続けるので、バス酔いが心配な方は対策をしておかないとかなりキツイ。 あと日光周辺はかなりバス路線が混在しているので乗りたい路線をしっかり予め確認しておくとよき。 華厳の滝へ向かうには「中禅寺温泉」行のバスを使用することで、 下車後歩いて華厳の滝へ向かうことができるのだ。 ということで下車すると既に滝の爆音が耳に入ってくる。 それもそのはず、 上からでもこのように滝を眺めることができるのであるな。 下から眺めるとこのように97mを一気に流れ落ちる圧巻の様子を間近でみることができますね。 水しぶきも少しばかりこちらに降りかかってくるので、自然と顔はほんのり湿ったり。 「下に降りるにはエレベータが必要」といわれれば、その規模の大きさを少しでも感じられるかな。 華厳の滝近くでは小さな屋台も運営されていたけど、 そこで食べた川魚(何の魚か忘れちゃった、あゆだったかな)の塩焼きがうまいのなんの。 旅館の料理を含めてもトップ5に入るくらいのうまさ! 華厳の滝と中禅寺湖は近くにあるので 中禅寺湖も歩いて10分程度の距離で到着することができる。 近くにはサイクリングコースの案内も。 中禅寺湖を一周するコースなんてサイクリングしたらきっと最高に気持ちいいでしょうねぇ~。

    日光を堪能する人 ~日光東照宮~

    いろは坂を今度は駆け下り、途中下車して日光東照宮へ。 煌びやか、というわけではないけど、 確かにそれは厳かな佇まいを感じますね。 徳川家の紋章もこのようにくっきり。 おやっ、 やっ、やつは、「見ざる聞かざる言わざる」の三猿ではないかっ! 日光東照宮は比較的大きいので、 さくっと周りを見るだけなら1時間程度、 中もしっかり観覧したい場合は2時間程度見積もっておくとよいかも。 最後に神橋を観覧。 蛇にまつわる伝説が残っているといわれていますね。 流れるのは大谷川。 先程の中禅寺湖の方面から流れ出ています。 真っ赤な橋は綺麗ですが、実は洪水で流されて1904年に再建されたとのこと。

    お宿にお世話になった人

    日光・鬼怒川での2日間、大変有意義なものでございましたが、 やはり旅行に欠かせないのは「お宿」だと私は思っています。 今回お世話になったのは「静寂とまごころの宿 七重八重(ななえやえ)」さん。 素晴らしいお料理に、 帰り際の精算の際にはお土産まで頂いてしまいました。 ここでのお料理は今のところなんばーわんですね、 食べ過ぎで1ミリも動けなかったくらい。 それでいて、この手の旅館では比較的お安めの1泊17000円前後、もう文句なし!(今は変わっているかもしれないので要確認) 最後は乗りたかった会津鉄道に乗って会津若松へ出て、 ちゃっかり若松城も観覧したのでした。 帰りは 鬼怒川温泉→(野岩鉄道・会津鉄道)→会津若松→(JR磐越西線)→郡山→(東北新幹線)→東京→・・・ という旅路でした。これは私の我儘を聞いてもらった相方に感謝。 まだまだストックはたくさんあるのでブログのネタには困らない、素晴らしいナ。 mao
  • 今まで契約してきたモバイルWi-Fi

    こんにちはkatoです。 突然ではありますがモバイルWi-Fiについて書かせていただきたいと思います。 モバイルWi-Fiを契約した経緯は、恥ずかしながら私の住んでいる場所には光回線が通っておらず ADSL回線を使っていたのですが、速度が0.5mbps程度しか出なくネットサーフィンするのにも精一杯だったからです。 そのため固定回線代わりになればと思い契約しました。

    モバイルWi-Fiを選ぶ条件

    いくつかのモバイルWi-Fiを契約してきましたが私はモバイルWi-Fi選ぶ条件として、 ・大容量(無制限) ・安い 上記の2つに重点を置いて選びました。 初めてモバイルWi-Fiについて調べた時はだいぶ高いんだろうなと思いながら調べましたが、 案外安いところも多くありました。

    iVideoさんのモバイルWi-Fi

    最初にiVideoさんのモバイルWi-Fiを契約させていただきました。 一応モバイルWi-Fiの界隈では有名らしいです? 今はありませんが、契約した当時は無制限プランが月に4000円弱で契約することができました。 キャリアはソフトバンクで場所にはよると思いますが、40mbps程度出ていたと思います。 前は本人確認書類を求められなかった?ので気軽にweb申し込みができました。 海外旅行向けのSimカードの契約もできるので海外旅行行く方は行く前に契約するのも良いかもしれません。

    企業名を全く覚えてないWi-Fi

    次に乗り換えたのが企業名は全く覚えていませんが、 Amazonでソフトバンクがキャリアのプリペイドsimとモバイルルータを購入しました。 Amazonでいろいろな企業のプリペイドsimのレビューを見ていると当たり外れが激しくあまりお勧めしません。 メリットとしては本人確認書類がいらず、simの返却も必要ないところです。 その代わり少し値段は高くなります。

    楽天モバイルのスーパーホーダイ

    次に契約したのが楽天モバイルのスーパーホーダイです。 月に3000円弱という料金で、1mbpsの速度で無制限に使え、月に10分以内の通話であれば無料というプランだったと思います。 YouTubeは低画質であれば見れる速度でしたので固定回線代わりには厳しいかもしれませんでしたが、 通学・通勤時に動画を見たいという人でしたら利用する価値があるのかなと思います。 と言っても今は後に書かせていただく別のプランに変わっています。

    株式会社グッド・ラックさんのどんなときもWi-Fi

    その次に契約したのが株式会社グッド・ラックさんのどんなときもWi-Fiでした。 料金は月に4000円くらいで無制限に使え、速度も40mbps前後出ていました。 ですが、コロナの影響で在宅ワークが増え、利用するユーザが増えたことから通信障害が起きました。 原因に関しては長くなるので割愛させていただきますが、それをきっかけに無制限プランがなくなりました。 多くの企業で制限なしの無制限プランというのは出ていましたが、その事件をきっかけになくなっていきました。 だいぶ重宝していたので残念に思います。

    楽天モバイルのスーパーホーダイの後継プラン(?)Rakuten UN-LIMIT

    最後に今も使用している楽天モバイルのスーパーホーダイの後継プラン(?)Rakuten UN-LIMITです。 スーパーホーダイからの乗り換えの形で契約しました。 先着300万名を対象に契約してから1年間の料金が無料になるということもあり解約せず乗り換えました。 自社回線である楽天回線を使用したプランであり、楽天回線エリアでの利用は無制限、それ以外のところでは パートナー回線であるau回線を使用できる。 au回線は高速モード(制限なし)と低速モード(1mbps制限)をweb上で選択でき、 高速モードは月に5gb利用すると自動で低速モードに切り替わり低速モードであれば無制限に利用できるものです。 楽天回線はプラチナバンドを利用していないため建物内や地下には電波が届きにくいのがデメリットで 今後楽天がプラチナバンドを利用できるようになればさらにサービスがよくなるかと思います。

    最後に

    色々と書かせていただきましたが、自身の目的にあったプランを選択することが重要だと思います。 制限なしの無制限プランがなくなった今でも色々な選択肢があり、その中で何を選べば良いかの手助けになればと思い書かせていただきました。 在宅ワーク・サテライトワークが増えてきた昨今、固定回線に囚われずモバイルWi-Fiも良いかもしれません。 kato
  • ローラマウス買ったら重力に逆らうのをやめた話

    こんにちはreiです。 最近掲示板やSNSで「ローラーマウス」というワードを見かけてレンタルで使い始めたらすっかり虜になった話です。

    ローラーマウスとは

    Contour Design社から発売しているエルゴノミクスマウスです。 パームレストがマウス代わりになるような形になりキーボードとマウスの行き来が少なくなるので、肩への負担などが軽減されるとか。 ただ一番最初にデメリット書くんですがとにかく高い最廉価モデルでも2万円程からになるので、ガジェット好きでもさすがにこんな得体の知れない物を急に買うのは厳しいもののどこかにデモ機があるとも思えないのであきらめていたんですが、数千円でレンタルできるサービスがあったので利用してみました。 使ったみた感想はめっちゃ良い 正直私はトラックボールのマウスが苦手だったので、そこまで期待していなかったのですが、想像以上にすぐ馴染みました。ローラーの操作感は左右移動のリミットを覗けば、イメージ的にトラックパッドに近い印象でした。 すっかり虜になってしまったので、折角買うならどれが一番合うか気になり全モデルレンタルしてみたので、下に書いていきます。

    RollerMouse Pro3

    一番最初に借りたモデルで、一番安いモデルになります。 他のモデルと違うところは、ローラーの一部がプラスチックで隠れており、他のモデルだとローラの軸部分を触ることがあるのですが、このモデルはそれが無いです。 ただ横に長いのでテンキーレスのキーボードとは相性が少々微妙でした。

    RollerMouse Red

    最上位のローラーマウスになります。 ローラーの径が大きくクリック感なども高級感があり、とてもよかったです。 ただどうしても使いにくい点が他の機種だとローラーの左右方向の限界のところにスイッチがありそれが押されている間はマウスが横に平行移動することができ、スイッチのバネの感覚が指に来るのでどこで平行移動するか分かるのですが、このモデルはスイッチが無いのでどこで平行移動するかが分からず急にマウスカーソルを見失いがちになります。

    RollerMouse Free3

    ボタンの数が一番多いモデルで購入したモデルです。 元々マウスはLogicoolのG602を使用していて、サイドにあるボタンにいろいろショートカットを入れており、ローラマウスでもボタンの機能をカスタマイズできたので決め手でした。 私が使ってるRealForceR2のテンキーレスとも横幅が丁度よかったです。

    最後に

    この良さを布教するべくトラックボールユーザーの2人に触ってもらったんですが、渋い反応されたのでやはり好みは分かれる商品かと思います。 そしてここでタイトルの話になるんですが、このローラマウスとキーボードを膝の上に乗せて、椅子のリクライニングを限界まで後ろに倒し、モニターをアームで手前までもってくると横になってリラックスした状態でパソコンが触れるかつ、座っているときよりも腰の負担少ないので最高ですね。 rei

スタッフブログ

Contact Us

ご不明な点や、気になったことなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Recruit

新卒採用、中途採用、エンジニア採用、
デザイナー採用を行っています。

採用情報