Now Loading...

スタッフブログ

戻る

当社ブログは社員での持ち回りで掲載しております。
ビジネスだけではなく、社内イベント、プライベートなことを書いておりますので予めご承知おきください。

MacからさくらのVPSにWordPressをインストールしてCoda2でSSH鍵認証を使ってSFTPするまとめ、さくらのVPS編

R.Tです。これまでまったく触ったことのないサーバについて、さくらのVPSを借りてみたので、MacからさくらのVPSでサーバを立ててWordpressをインストールしてCoda2でSSH鍵認証を使ってSFTPするということを実験してみたまとめです。今回は、さくらのVPSを契約してOSの再インストールを行い、起動するまで。

※2015年8月頃に実験したメモなので情報が古いかもしれないことと、デザイナーが実験してみただけなので本職のインフラエンジニアの方から見ると間違いだらけかもしれませんが、ご容赦くださいませ。

さくらのVPSに申し込む

公式サイトから申し込む、クレジットカード支払いで登録するとお試し2週間無料がついてくるので、クレジットカードで登録。申し込み完了後に「さくらのVPS 仮登録完了のお知らせ」という件名のメールがくる。

0000

さくらのVPSを契約する

とりあえずお試し2週間無料に食いついたけど、あとでアレコレさせられると面倒なので速攻で契約することに。先ほど届いた「仮さくらのVPS 仮登録完了のお知らせ」メールの中に書かれている「VPSコントロールパネル ログイン情報」を確認してVPSのコントロールパネルへ移動する。

0001

画面右上のユーザ名が書かれたプルダウンから「会員メニューへ移動」をクリックして会員メニューへ移動して「契約情報」ページの「契約サービスの確認」へと進み、契約中のサーバ一覧から契約したいサーバの手続きを選択する。

0002

OSの再インストール

VPSコントロールパネルのサーバ一覧から設定したいサーバを選択して[OSインストール]から[標準OSインストール]を選択する。新しいrootパスワードを設定して「設定内容を確認する」をクリック、再インストール完了後はOSが起動する。

0003

このとき、サーバが起動してもRPMの更新量が多いのかユーザーが使えるようになるのに結構な時間がかかるので気長に待つ。VNSコンソールで login を求められていれば使える。

今回はここまで、次回はMacからVPSにssh接続してiptablesの設定をするまで。

R.T

その他の記事

記事一覧

BitStar流

Contact Us

ご不明な点や、気になったことなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Recruit

新卒採用、中途採用、エンジニア採用、
デザイナー採用を行っています。

採用情報