Now Loading...

スタッフブログ

戻る

当社ブログは社員での持ち回りで掲載しております。
ビジネスだけではなく、社内イベント、プライベートなことを書いておりますので予めご承知おきください。

『意識障害』

先日、私がいた電車内でバタンッ!!と人が倒れました。

その人は自分で起き上がれず、そこから意識がなくなりました。。。

さてこんな時、画面前のあなたならどうしますか?

私を含め大体数の方は、何も出来ず見て見ぬふりだと思います。

今回はそんな時に役に立つ内容を書きますね。

原因は何だろう!? 対処法は!?

「いや、そんなん知らんわ~。」

まぁ。そりゃそうですね。

■mission 1「車掌を探せ!」

意識がなくなる原因なんて山ほどありますし、まして私達はお医者さんではありません。

大事なのは『病院に早く診せる事』です。その為に早急に救急車を呼びましょう。

特に電車内では、早急に車掌に伝達し最寄り駅で患者を救急車に乗せる事が大事だと思います。

■mission 2 「自分に何ができるか考えろ!」

車掌が来る迄には時間がかかります。それ迄に場所の確保です。

車掌が来たら状況説明が必要になります。医療人で無くとも確認できる事があります。

①経緯

⇒女性は立っていたがうつ伏せに倒れ、意識が無い。

②所見

意識障害のレベル(大声に反応?)呼吸の有無(お酒の匂いは?)転倒時に頭部を打った形跡は?

その他、表情(脳卒中の兆候、苦悶?、顔色など)、脈(脈拍、脈のリズム)

緊急時にしっかり上記項目を評価できる人は多分いません。でも経緯は伝えられそうですね。

以前、こちらで書いた災害ネタにも通じますが、「緊急事態」というのは急に来るから「緊急事態」なのです。

常日頃から、知識・物品を備えておきましょう!

※ちなみに冒頭の方は、大声での声掛けにも反応なかったです。服をかなり厚着しており、汗がボタボタ落ち、
多少呼吸が荒かったです。血圧も指診での簡易評価では収縮期血圧が80Hgmmを切っており、その他、筋肉の麻痺症状
等の所見もなかった為「熱失神」だと仮定し、衣服を緩めた所、数分で目を覚まされました。めでたしめでたし。

Reh

その他の記事

記事一覧

BitStar流

Contact Us

ご不明な点や、気になったことなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Recruit

新卒採用、中途採用、エンジニア採用、
デザイナー採用を行っています。

採用情報